不動産投資に必要な情報を収集する方法とは?おすすめのサイトもご紹介

2020/05/30

不動産投資に必要な情報を収集する方法とは?

こんにちは、不動産競売物件情報サイト 981.jpです。
一般市場に流通する前の掘り出し物件や、不動産投資に関するお役立ち情報を発信しています。

不動産投資や不動産競売を行うにあたって、欠かすことのできない不動産情報。 皆様はどのようにして不動産情報を収集されていますか?

情報収集に時間が掛かってしまったり、必要な情報を探し出せなかったりとお困りの方もいるかと思います。

当記事では、不動産情報を効率よく収集するための方法やおすすめサイトをご紹介していきます。

不動産投資とは?他の投資との違い

まずは、これから不動産投資を始めたいという方や不動産投資初心者の方へ向けて不動産投資について解説していきます。 不動産投資とは、その名の通り、不動産に資金を投じて利益を得ようとすることです。 もう少し詳しくフローを説明しますと、不動産(物件)を買い、個人や会社に貸すことで賃料を得たり、 買った金額より高い金額で売却することで、利益を得るという流れになります。 賃料として毎月安定した運用資金を得られることや、将来へ向けて資金形成ができる投資ということで、 不動産投資は、投資商品の中でも注目されています。

また、他の投資商品との違う点として、FXや株式などはハイリスクハイリターン、国債や預貯金などはローリスクローリターンなのに対し、 不動産投資は投資家がリスクや収益をある程度コントロールすることができます。 このコントロールできる点が不動産投資のメリットであり、他の投資商品と違う点となります。

そんな不動産投資で最も重要なのは物件選びですよね。 できるだけ利益の出る物件を選んで、毎月の収入を安定的に得たいという方が多いと思います。
物件を選ぶには物件の情報が必要になってきます。 そのため、以下のセクションでは物件選びに必要な情報と情報の収集方法についてご紹介していきます。

不動産情報を収集する前の準備

こちらの記事をご覧になられている方は、少なからず不動産の情報や競売物件の情報が欲しいという方かと思われます。 そのため、不動産の情報を収集する前にどのような情報が必要か予めまとめておく必要があります。 必要な情報をまとめておくことにより、無駄な情報をみて時間を費やすことがなくなるでしょう。

まとめておくべき情報の例です。

  • 不動産投資のため売買がよい、居住目的のため賃貸がよい
  • 物件の種別
  • 探す地域(都道府県、市区町村)
  • 探す不動産の価格帯、予算
  • 建築年数
  • 立地(駅から何分、向き、近隣の施設)
  • 利回り(不動産投資の場合)

不動産の検索サイトを利用する

やはり現代において一番効率が良く不動産情報を収集する方法は不動産検索サイトを利用することです。 インターネットが利用できる環境であれば、不動産情報サイトを利用しましょう。

多くの不動産情報サイトには、不動産の物件情報だけでなく、不動産投資に関するデータや、 不動産市場の動向など、多く情報が記載されているので、活用することをお勧めいたします。

以下、おすすめの不動産情報を取り扱うサイトをご紹介していきます。

おすすめの役立つ不動産情報サイト:981.jp

981

まずは弊サイトである『981.jp』からご紹介させていただきます。 不動産競売に関する情報や競売物件の詳細情報などが扱っております。 不動産投資する際は競売物件なども見てみるのがよいかと思います。

入札可能な競売物件のリスト表示、売却の結果、競売に関するコラムも掲載しており、競売に必要な情報の閲覧機能など充実させております。

また、無料の会員登録を行うことにより、入札期間中の物件の3点セットを無料でダウンロードすることができます。 981.jpでは物件サポートなども行っておりますので、競売に興味があっても知識がなくて心配という方もご心配なくご連絡ください。 会員にはランクがあり、上級のプランになると様々な機能が解放されるので、 不動産投資を考えている方や、不動産競売に興味のある方は是非弊サイトをご利用ください。

競売物件と不動産競売のメリットについて少し解説させて頂きます。 初めに競売物件とは、物件を所有していた人が何らかの理由により物件の代金を支払えなくなり、 オークションのような形で購入者を募り、売りに出された物件を「競売物件」と言います。 続いて競売物件のメリットですが、物件の価格が低くなっていることがあります。 また、築年数や立地など様々な物件が競売に出されているので、物件の多様性もメリットの1つです。

おすすめの役立つ不動産情報サイト:HOME'S

HOME'S

続いては『HOME'S』です。 こちらのサイトはテレビなどでも広告が出されており、名前を知っている方も多いかと思います。 広告をみて賃貸物件を扱っているサイトかと思う方もいらっしゃるかと思いますが、 新築、中古のマンションや、新築、中古の戸建て、土地や注文住宅などが掲載されています。 また、不動産投資のサイトも運営されており、不動産投資をお考えの方はこちらも利用してみてください。

おすすめの役立つ不動産情報サイト:楽待

楽待

最後は『楽待』です。 こちらのサイトは収益物件の掲載数がNo1で、2020年5月現在約7万件もの物件が掲載されています。 楽待も不動産投資に関する情報や、コラムなども掲載されている他、物件の大家さんへ向けた、 リフォームや賃貸管理についての情報も掲載しているのでこちらも利用できるかと思います。

不動産会社に直接お問い合わせしてみる

サイトを閲覧するほかに不動産に関する情報を収集する方法としては、 不動産会社に直接問い合わせてみるのも1つの方法として挙げられます。

理由としましては、インターネットなどに掲載されている情報は更新されるまでに一定の期間がありますので、 最新の情報とは異なる場合があります。また、インターネットや紙媒体に掲載される情報には限りがあります。

よって、より詳細かつ最新の情報を得るためには、不動産会社に問い合わせる必要があります。 自分で情報の収集を進めつつ、不動産会社さんに伺ってみるのが良いかもしれません。

不動産投資の場合、紙媒体に情報はない?

新聞の折込チラシでは少ないかもしれませんが、ポスト投函チラシに不動産情報が記載されたものを見たことがあるかもしれません。 それらに掲載された情報に良いものが書いてある場合もあるかもしれませんが、上記のように、作成された時点での情報であったり、 掲載されている情報が少なかったりする場合がありますので、チラシだけの情報を真に受けてしまうことは避けた方がよいでしょう。

豆知識となりますが、なぜ不動産会社が不動産投資の情報をチラシで配っているかご存知でしょうか? チラシをご覧になったことがある方はお気づきかもしれませんが、チラシが配られた地域近くの情報であったりすることが多いです。 それには理由があり、チラシは地域を絞り込めたり、ネットをあまり使わない層にアプローチできたり、オフラインで販促を行うメリットがあるからです。 そのため、現在でも不動産投資のチラシを配られていることがあるのです。

不動産投資に役立つ情報収集方法について|まとめ

いかがでしたでしょうか。 当記事では、不動産投資に必要不可欠な物件の情報の収集方法やおすすめのサイトについてご紹介いたしました。

不動産投資は、他の投資商品と比べリスクや利益をある程度コントロールできるので、初めて投資を行う方にってもおすすめの投資手段となります。 投資する物件の情報を探すには、現在ではインターネットを使った検索方法が主流ですが、 最新の情報などは不動産会社に問い合わせてみるのがよいでしょう。

不動産投資の中でも、不動産競売では市場に出回っている物件より価格が低いことがあるので、実質利回りを考えて物件選びを行うことが重要となります。
このように上手く物件を選び運用していくことによって、大きな利益を生む可能性が十分に考えられるため、不動産投資をお考えの方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

また、一般市場に流通する前の掘り出し物件をお探しの方は、981.jpを活用することでお安く購入することができます。 初めて競売物件への投資を行う方に向けて、競売物件資料3点セットの無料配布も行っていますので、気になる方はこちらからご登録ください。

新しく登録する方はこちら

当記事が少しでもお役に立てれば幸いです。
最後までご覧いただきありがとうございました。

981.jp 安心のしくみ

競売通信

メニュー

981.jp公式LINEアカウント

981.jp コンテンツ