TEL: 06-6396-8880
FAX: 06-6396-8881

不動産競売って何?

一般的に不動産を購入する際、金融機関から融資を受けます。その際融資を実行した金融機関はリスクを避けるため抵当権を対象不動産に設定します。

それは、融資対象者(債務者)が返済不能となった場合、対象不動産を差し押さえ、裁判所を介して売却し、元金及び違約金利を回収するためです。

以上の売却行為を「抵当権の実行」と言います。そして売却行為を「競売」といい、売却される不動産を「競売不動産」と定義しています。

ただし、抵当権の実行を行う金融機関は、対象物件が競売となる前に市場で売却することをすすめます。それは、競売による売却には時間がかかり、売却金額は低額になることが予測されるからです。

そこで「地元に根付いた不動産業者」が金融機関と債務者の間に入り、問題点を解決し売却可能な状態に調整しています。

また、物件に解決不可能な問題がある場合は、競売による売却業務をすすめて行きます。ちなみに、解決不能な問題とは「売却価格の調整」「占有者(債務者の返却拒否など)」「債務者との連絡がとれない」などです。


不動産競売のメリット

不動産投資、またはマイホーム購入などの目的で競売不動産購入する場合のメリットには次のようなものがあります。

  1. 競売物件の売却基準価格は、一般的に市場価格の40~60%です。
  2. 特別売却物件は更に20%ダウン(32~48%)で購入可能
  3. 最低価格が一般市場より4割以上安く、入札価格を自分で決定できる。
  4. 仲介および諸費用の手数料がかからない。
  5. 裁判所が職権により抵当権等を抹消してくれる。
  6. (建物であっても)消費税がかからない。

不動産競売のリスク

競売物件は低価格であることが最大の魅力ですが、リスクもあります。

  1. 物件の下見が困難である。
  2. 購入後の保証がない。
    • 「建物の内部の損傷や老朽化が激しい」
    • 「地積に公簿数量との差異がある」
    • 「境界の確定ができない」
    • 「引渡し命令が取れない場合、入居者の立ち退きが困難」。
    このような場合は基本的にアフターケアはありません。
  3. 保証金の提供が必要。
    ※期間入札に参加する場合、売却基準価格の20%を保証金として提供しなければならない。
  4. 確実に入手できるとは限らない。
    • ※入札に参加しても必ず落札できるとは限らない。
    • 時間をかけて調査しても買い受けができない場合がある。
    • 競売の取下げ、取消し等により入札が中止になる場合がある。

コラム・情報

当社は不動産競売流通協会の講習を修了した正会員です。

無料会員登録

不動産競売流通協会


「元付・売主物件」専門サイト 不動産広場

広場公開中の弊社元付物件