競売不動産取扱主任者試験 申込受付中

はじめてご利用の方

マイホーム特集

競売でマイホームを取得しよう!!

今は昔と違って法改正も進み、安全に競売で物件が取得できるようになって参りました。
その一方で、敷居の低くなった競売業界は競争率もアップしています。

そのような中、不動産競売流通協会正会員にサポートを依頼して物件を取得している人が急増中。

ここで、競売でマイホームを取得するメリットとリスクを理解して、お得にマイホームを競売で取得しよう!

競売物件って後々嫌な思いをしたりしない?

「競売」と聞くとまだまだ怖い・危ないと言ったグレーなイメージを持たれることが多く、また「そう聞く」と言ったような暗い噂の多い市場ですが、今はそんな事はありません。
そして、まだまだ競売をよく知らない人の方が多いせいもあるのかもしれません。
昔は危ない事実も多くありましたが現在は法に則り適切に処理をすればいいだけ。
ただし、買受人と旧所有者とが実際にやりとりをするのは非常にやりづらいものです。
不動産競売流通協会正会員や競売取扱主任者などの競売のプロに任せて、安心・安全に取得が可能です。

不動産競売流通協会正会員って?

競売不動産取扱主任者って?

競売でマイホームを取得するリスクって?

競売不動産は物件の内覧ができません。また、瑕疵担保責任もないので事前に考えられるリスクを把握しておくことが大事です。
また、時には不法占有者の立退き問題が起こる可能性があります。法に則り適切に処理すればいい問題も、知識がないために大変な思いをしてしまう可能性があります。
リスク回避のために、事前調査と状況把握が大切です。自分自身の見極めに自信の無い場合は、競売不動産のプロに相談の上で検討を進めましょう。

加えて、競売は入札制の為、確実に取得できるとは限りません。

競売でマイホームを取得するメリットは?

一般流通市場で購入するよりも、安く取得出来る可能性があります。
安く購入できた分リフォームに費用を充てられるため、自分好みのリフォームをすることが可能です。

また、一般市場になかなか出てこない物件が出てくる可能性があるので、出品物件は色々な目線で、くまなくチェックしましょう!

住宅ローンの利用は可能?

はい。可能です。
ただし、一般流通物件を購入する場合よりタイトなスケジュールで手続きを進めなければなりません。必要書類の手配や実際の手続きなど、慣れている不動産業者にサポートしてもらいましょう。
一般流通物件よりも、融資が付きにくい場合や希望の金融機関が利用できない場合もあります。
一方、一般市場よりも安く取得出来る可能性があるので、落札金額に近い融資額が得られる可能性があります。

体験談はこちら

それでは、マイホーム物件をチェック!
マイホーム物件を探す

981.jp コンテンツ

競売トラブルお聞かせ下さい

TOPへ